ハバナの治安

HPの『CASA DELA MUSICA』で、「夜だってススキノを歩くのと同じように歩ける。(1992)」と書いたけど、あれから10数年経ってハバナの様相が変わったみたい。

『キューバ情報なんでも掲示板』というすばらしいサイトがあって、そこを見ると何でも分っちゃう位の情報が集まっている。
ちょっと、最新の投稿を勝手に拝借しちゃうね。
---------------------------
以前、キューバの治安について少し書かせていただいたとき、皆さん気をつけてください、とか言っておきながら、今度は自分が被害にあってしまいました。
場所はCentro HabanaのInfanta通りとSan Rafaelの角のあたりです。
ちょうど、P4の停留所があるあたりです。
被害は50CUCと財布、テレホンカードなどです。
時間は夜の10時、昨日はウラカンの影響で、一日中雨が降っていたのですが、
その影響で、その時間帯に人通りがほとんどなく、後ろから、突然、ナイフを持った二人組の黒人男性二人にいきなり、肩をつかまれ、財布を出せ、殺すぞと脅されました。
かなりの大男で二人とも目が血走っていたので、抵抗せずに、財布を出しました。
そのままひったうろうとしたので、「中に学生証が入っているので、それだけは返してくれ」といったら、返してくれました。(今考えると良心が少しあったんでしょうか)
その後、風のように走り去って逃げていきました。
そんな人がいないときに出歩いた僕自身に原因があるのは確かですが、
被害がそれだけですんだのは不幸中の幸いでした。
クレジットカードとかは持っていなかったし、学生証もとりあえず、返してくれたので、とりあえずはついていました。怪我もなかったし。
それにしても、怖かった。

セントロハバナはインファンタを超えて、東側(つまり旧市街の方)へ行くと雰囲気が変わります。気をつけてください。ハバナでは夜の一人歩き、特に暗い道はなるべく避けてください。
繰り返しますが、夜外出するときは、持ち歩くお金は小額にして、クレジットカード、パスポートその他、貴重品は持ち歩かないでください。万が一、今回の僕みたいな目にあったら、抵抗せずにお金は差し出してください。
以上、最新安全情報(被害速報か)でした。

でも、実はこれで、被害に会うの、4回目です。。。(悲)
ついてないなあ、狙われやすいのかな。
そんなに金持ちには見えないと思うんだけど。
やっぱり、小さくて弱そうなチノだから、
狙いやすいんでしょうか。。。うーん。
(OCさん)
--------------------------------------------
私も7月に2週間ほどキューバに滞在していましたが、全く同じ場所(多分)で
黒人3人組のひったくりに遭いました。一人で歩いていたところ後ろから黒人3人組に
いきなり襲われました。デイバックを斜めに掛けていたので、すぐにひったくる事が出来ずに細い通りまで引きずられました、それでも鞄を取る事が出来なかったので、抱えあげられて道路に叩き付けられる…というのを何回もやられました。それでも取れかったのと人が騒ぎ出したので諦めて逃げて行ったため何も取られる事は無かったのですが、洋服の背中はビリビリに破れ、頭にはでかいタンコブが2つ程…、体中はあざだらけ…でカサのママに病院に連れて行かれました。幸い大きな怪我もなく何も取られる事も無かったのですが、ビックリしました。時間も夜11時過ぎと遅かったのに、人通りもあるしキューバは始めてじゃなかったので油断していた私の完全なミスだと思います。
やっぱり、人通りがあっても夜遅くなったらケチらずタクシーに乗る事が大事だと思いました。皆様もどうかお気を付け下さい。(yukoさん)
--------------------------------------

一昨年、僕の目の前でも同じことが起きたし、今のキューバは危ないです。
都会に限るけど。
田舎に行くと以前のキューバがそのまま残っています。

それにしても、今行っている『やす一行』から連絡が一つも入ってこない。
何かトラブルに巻き込まれていなければいいんだけれども。
今日の夢見が悪かったからちょっと気になる……。
# by misalsa | 2005-09-24 12:52 | キューバ | Comments(0)

カトリーナ

ルイジアナ、ミシシッピで猛威を振るった前代未聞の台風カトリーナ。
えらい状態になっている。
建物の崩壊、水に浸かった家屋、数多くの死者、そして略奪、強盗、強姦。
誰でも銃を持っている国だ。服部君が射殺されたバトンルージュもそこにある。
警官が狙い撃ちされるので職場放棄、逆に警官も略奪に加担している。糞尿だらけの避難所。治療にてんてこまいの病院も襲撃される。水も食料も電気も、治安維持の兵隊もいない、死体ゴロゴロの地獄絵巻……。

やっと5日経ってから、バカブッシュが現地視察。同行したブッシュ夫人は皆と記念撮影、当のブッシュは仕事が忙しくて手を離せなかったとニヤニヤ。
堤防等のインフラ工事予算を削って、戦争に使った馬鹿。地球温暖化が原因のこの台風、その防止の第一歩『京都議定書』にも米国一国だけが批准しなかった。
イラクから一刻も早く撤退したいくせにこんな事態になっても、意地を張って撤退しない。低所得層の黒人減らしを目論んでいるのか。

キューバのカストロは1100人の医者と26tの医薬品を送り込むと申し入れた。
# by misalsa | 2005-09-03 17:51 | 雑記 | Comments(8)

憂歌木村と房之助

昨日、BESSIE HALLで『憂歌木村と近藤房之助』のライブをやった。
二人とも古い古い友達だ。
房之助は、Breakdownというグループからの付き合いで、25,6年前から毎年夏に札幌に呼んではウチに泊めていた。
このBreakdownの他のメンバーもクレイジーで、はちゃめちゃな行動でほんと往生した。
呑平で冷蔵庫はあっという間に空っぽにするし、家捜しをして何がどこにあるのかも全て知っていた。
泊めたり一緒に飲むのはすごく嫌だったんだけど、彼等の日本最高の演奏が聴きたくて年に一度呼んでいた。
房之助はポンポコリンでレコード大賞を獲ってから、ちょっと勘違いして随分友達をなくしたんじゃないかなあ。僕もかなりいやな思いをさせられたことがあるし、音的にもイヤーなサウンドになっていった。
4年前に札幌ライブをやった時にはしぶしぶ、それも途中から聴きに行った。
それがめちゃくちゃ良くなっていて、米国の今のブルースマンよりもはるかにいい、迷いから吹っ切れていた。僕は感動の涙でくしゃくしゃになった顔でステージ下まで握手を求めに行った記憶がある。
木村はアコースティックブルースの憂歌団のVo.だ。憂歌団は、ゴンチチ、ビギン他、数多くのミュージシャンに影響を与えた、ワンアンドオンリーのグループだ。いつも札幌市民会館をいっぱいにしていた。一緒に何度も飲んで、中央市場の土産買いに付き合ったりして、木村とは仲のいい友達だと思っていたのに、昨日久しぶりに会ったら、僕のことは覚えてないと言う。顔は何となく覚えてるだって、????????。
頭がやられてるキャラがウリだけど、実際にやられてた。

その二人の奇妙キテレツライブ、良かったよお。
観客は満杯だけど、しかしHABANAの顔ぶれは10人に満たなかった。
ほんとはHABANAのお客に見て欲しいなあ、こういうの。
踊りものにしか興味がないというのも分るけど、心の内面部分で楽しむという喜び、分かち合えたらな。
これって、強引?押しつけ?

まさか演るとは思わなかった『ゲゲゲの鬼太郎とポンポコリンのメドレー』で、なぜか胸が熱くなった……。
# by misalsa | 2005-08-28 13:31 | キューバ音楽以外 | Comments(0)

白日夢

不眠症で普段は一番弱いレンドルミンというのを飲んでいる。
昨日は思いっきり眠りたかったので、ツル公の置きみやげロヒプノールを飲んだ。
(ツル公は薬の飲み過ぎ?で6月にひっそりと死んでった。)
この薬はあざやかな夢を見るのが特徴だ。
初めて飲んだ時には、憂歌団と一緒に京都駅前にライブハウスを作る夢を見た。
ある時とてもBADな夢を見て以来、やめていた。
確かにこれじゃアメリカで使用禁止になるはずだと思った。

今日の夢はきれいだった。
バナナボートの和田氏と一緒に、シカゴ・ブレイクダウンのギター福富了の家に遊びに行ったら、僕はそこにいた女性になぜか嫌われたようで、脱いでいた靴下を密かにハサミで切られていた。
その後、定鉄(定山渓鉄道)の電車で札幌に帰るんだけど、車中子供になつかれたり、みそ汁を飲んだり、色々あって、後部座席から先頭車両に移った時、崖っぷちから電車が落ちるんだ。でもそれはジェットコースターのようにぐるっと回る一種の演出。落ちる瞬間、眼下に美しい湖が広がってた。きれいな青だった、そして雄大だった。
大感動してると、運転手が運転席を離れて自慢げにこっちの方を見ている。
札幌市内に入り、線路軌道上に置いてあった大きなボストンバッグを倒してそして電車は止まった。

現実との境目がなくなるほど強烈な夢。前回この薬で見た夢もクリアに思い出した。
夢が繋がってるんだ。
ツル公の異常な言動の訳が少し分ったような気がした。
# by misalsa | 2005-08-26 16:09 | | Comments(1)

寒い

とうとう夏も終わり。
身体からパワーが抜けて行くのがよくわかる。
キリギリスを飼っていたころ、秋になると身体が緑から茶色に変わり、動きが緩慢になっていって、しまいには動かなくなってしまう。
なんかそんな感じ。
性格も絶対『アリ』ではなく、『キリギリス』に近い。
刹那的で今が楽しければいいやというラテン的性格だ。
キューバにももう約2年行ってないし、キューバ欠乏症(キューケツ病?)。
来月は、PANCHO AMAT公演があるのでそこでパワーをもらえるとしても、なんかこう極端に寒くなるとトーンダウンは免れないなあ。
第一稿がこれじゃだめだよね。
どなたかパワーを分けてください。
チョンギース……!!
# by misalsa | 2005-08-26 11:37 | 雑記 | Comments(2)