遅ればせながら

e0058280_11585089.jpg遅ればせながら、ペドロ・アルモドバルの『バッド・エデュケーション』を観た。
近作の『トークトゥハー』と『オール・アバウト・マイ・マザー』はちっとも好きになれなかったので、KINOで上映したときにもチケットは持っていたにも拘らず足が向かなかった。
今回1年経ってからレンタルビデオで観た。
http://clubcultura.com/clubcine/clubcineastas/almodovar/malaeducacion/trailer.htm

e0058280_12432859.jpg



アルモドバル











腰が抜けたよ。
ストーリーはどうでもいいんだけど、あの色彩・構図・音楽は、たまりません。
90年前後の僕の好きな感じに戻った!
画面は例によって近作にあるようにコントラストが強くなって全体にヴィスコンテみたいにちょっと茶褐色ぽくなってるんだけれども、その茶褐色のベールの下にあるビビッドな色の組み合わせが最高。
僕が以前にBESSIE HALLの1階に造った店『ZOMBIES』にそっくりな部屋も出て来たりして、愕然としたよ。
年齢的にも同じ位だし、変態度合いも似てるし、他人とは思えませんこの監督。
主人公のメキシコ出身ガエル・ガルシア・ベルナルは、元コンサドーレのウーゴ・マラドーナによく似てたし……。
音楽は、ラテンの名曲キサスキサスキサスから、突然ウィーン少年合唱団(みたいの)に移るし、もうもう・・変態アートの宝箱ォ……。

二度続けて観て、それからいたく体調悪し........
e0058280_1250599.jpg
e0058280_12593089.jpg
e0058280_1251495.jpg

by misalsa | 2006-05-22 12:30 | 雑記 | Comments(0)


<< HABANAの窓 一人一升の会‥… >>