「低開発の記憶」

1961年のキューバの革命後を描いた「低開発の記憶」
ボクの最も好きな映画の一つだ
(主人公がちゃらんぽらんで彼の気持ちがよくわかるから?)
雰囲気はどちらかというとフランスのヌーベルバーグに近いかも
もちろん、6,7日(土日)のキューバ映画祭で上映
e0058280_15254275.jpg

昨日滋賀県からMINIBEGへ来てくれたお客さん
「キューバ映画祭が最後だというので来ました、北海道は初めてです」
すごいー、道外からも来てくれる
確かに札幌初上映の作品もあるし、内容の濃い4作品
東京からは、字幕などに関わっていただいたマリソルさんや杉田さんもみえる
チケット、まだの方は急いでね
これを逃したらもう観れないよ、あとで後悔しても知りません......
https://www.youtube.com/watch?v=C-g2uyy0BNY
by misalsa | 2014-09-04 15:26 | 雑記 | Comments(0)


<< 最後のキューバ映画祭 KACHIMBA そして チコとリタ >>