1974年12月12日

今から31年前の今日12月12日は、僕の最初の店『神経質な鶏』のオープンした日。
今日のように、雪がほんのりあった。
宣伝活動は一切せずに、かっぱらってきた立て看板を白く塗りつぶし「ブルース喫茶12月12日12時オープン!」と書いたものを立てかけていただけ。
それなのに開店前に人の行列ができていた。
17.8人でいっぱいになる狭い、いわゆる学生街の喫茶店。
鶏が空を飛んでるはく製がウインドウにぶらさがってた。
店内のカウンターの上にも、威嚇するように立ち上がって羽を広げた鶏。
(当時住宅なんか建っていなかった広島町の種鶏専門の養鶏所まで行って、気に入ったバントスという最も大きな種類の鶏を2羽絞めてもらい、はく製製作所に持ち込んで作ってもらった究極の誂え品。)
その頃はちょっと猟奇的趣味もあったかもしれない。
店内は真っ黒で、床が目も眩むような赤。
今から考えると、それはエレグアカラー。
コアな常連客が多かったなあ。
その狭い店に大きなアルテックA-7というスピーカーがどーんと置いてあった。
音が良いせいもあり、心にしみるブルースに涙を流していたお客がたくさんいたのさ。
by misalsa | 2005-12-12 17:18 | 雑記 | Comments(1)
Commented by madonna-sunny at 2005-12-14 00:09
12月12日はM:の次男出産記念日だも~ん。カジ~とSMが出会う前から29年間も(鶏は31年)同じ日が特別な日だったんだねっ。


<< 忘年会シーズン 小旅行 >>