デニスを覚えているかい?

「REVE親父十回忌」をホワイトドームでやったのが、2007年7月23日 
出演は 
MASAYOグループ 
Kachimba 
Chicago Breakdown 
森村ケン率いるReve Japan 
の4グループ 
ちょうどその頃に 
PMF(パシフィックミュージックフェスティバル)があって 
クラシックの外人ミュージシャンが札幌に長期滞在していた 
その中でHABANAにしょっちゅう遊びに来てたのがトロンボンの「Denis Jiron」 
e0058280_1611957.jpg
HABANAライブに飛び入りもしてたので 
「REVE十回忌」のMASAYOちゃんのグループにゲストで入ってもらった 
覚えてる? 

先日、FBにそのデニスから友達申請が来た 
そして彼がリーダーのサルサCDを送ってくれたよ 
e0058280_16171557.jpg
もろキューバンサルサ 

(以下diskunionのレビューから) 
これは熱い!! インターナショナル・プレイヤー混成のL.A.発キューバン・プログレッシヴ・サルサの彗星ユニット「ルンバンケテ」圧巻のデビュー作!! 
西海岸のサルサ・シーンでセッション・トロンボーン奏者として活躍していたデニス・ヒロン(Denis Jiron)を中心に2004年にL.A.で結成。キューバをはじめメキシコ、ニカラグア、ドイツ、コロンビア、プエルト・リコ、エル・サルヴァドル、そしてUSのアイオワやミネソタなどから集まったラティーノたちがで、爽快でアグレッシヴなキューバ・ベースのオリジナル・ハード・サルサを聞かせる好ユニットが、RUMBANTEKEだ。 
強力なビートを刻むリトゥモ陣(ポンチョ・サンチェスやMONGORAMAに参加するJOEY DE LEONをフィーチュア!!)、リーダー肝いりの骨太なトロンボーンが炸裂するブラス・セクションと、N.Y.チャランガの心地良さを演出するヴァイオリンとのハイブリッドなハーモニー、そしてゴンサロ”チャロ”チョマート(♂)と、イリス・サンドラ・セペーダ(♀)のツイン混成ヴォーカルがグイグイ押し上げる、猛烈にイカすバイラブレが最高!! 
#6”BILONGO”以外は、すべてオリジナルというレパートリー。しかもどのトラックも粒が立っていて、疾走感も満点。ヴィンテージからニュー・スクール派、そしてDJ/ダンサーまですべてのサルサ・フリークを惹きつける凄いサウンドだ。 
西海岸サルサの勢力図を塗り替える、超強力ユニットとしてレコメンド!! 
 
Rumbankete 

すごくいいよ 
CちゃんとガソにCDを渡しておくので、ワンナイで踊れるね 
お楽しみに 

デニスは今現在ドイツ在住 
by misalsa | 2013-04-25 16:40 | 雑記 | Comments(0)


<< 夢のようなビッグニュース!! クラシックに強い嫉妬 >>