店舗デザイン

最近キューバからお気に入りの新譜が出て来なくて、心の張りがなくなってる。
(Soneros All StarsのDime Nague!だけは別だけどね。http://www.soneros-all-stars.com/)
だから病いにもかかる。
その心の空虚さを埋めるために本に没頭したりもしてる。
ここ三日間家で聴き続けているのはキューバじゃなく、60年代英国の『DAVE CLARK 5』。カヴァーバンドやりたいなあなんて思ったりもしてる。
この台風WILMAが、停滞したキューバ音楽に新風を送ってくれるといいんだけどね。
誤解を覚悟でいうと、歴史上先行き不透明でなおかつハングリーな精神がその国を覆わなければすばらしい音楽は生まれて来ない、今のキューバは一体どうなんだろうね。
e0058280_11535059.jpg

昨日の夢は、VAN VAN が僕の高校の教室で演奏するんだ。その中で日本語の美しい曲を、白人Vo.が歌ったんだ。きれいな曲で涙が出ちゃった。忘れないように夢から覚めてすぐに採譜したよ。記憶に残るいいいメロディーだった。

そんな退屈しているところに、小樽で101年の伝統を誇る老舗銘菓店から店舗デザインを頼まれた、それも小樽市指定歴史的建造物だよ。
(そういえば、Sunnyの生家も小樽市指定歴史的建造物だよね。)
店舗設計はEL MANGO以来だから3年振り。
21軒目の作品を皆さんに素晴らしいと言ってもらえるようなものにしたいな。

さてこれから小樽へ行ってきます、初現場見参。
by misalsa | 2005-11-05 12:01 | 雑記 | Comments(1)
Commented by madonna-sunny at 2005-11-06 01:18
面白そうなことになってきたねっ。
いっぱい話聞かせて・・


<< キューバ音楽 負のオーラ >>