お久しぶりです

今回の旅の「 寝不足 」がたたって欠勤続き
スミマセン....
e0058280_3335969.jpg
ホテル横のコンコルド広場 ↑

ホテルはパリもグアドループもマルティニークもネットで検索して予約した
パリでは3泊
遊び歩くのに便利で、値段はそこそこのところ
空港からバスに乗ってオペラ座で降りて、スーツケースを引いてホテルまで歩いた
ぼくは旅をするときにはその街の地図を完璧に頭にインプットしていく
でも、あるべきはずのところにホテルがない
その場所でウロウロしていると、隣の隣にあるホテルの従業員が来て、塀の脇についている呼び鈴を押してくれた
インターホンで一言、すると塀にあった扉の施錠がはずれた
通路を通り、中庭を通り、別の建物の3階のフロントまで階段で上がる
その間、真っ暗
フロントマンは「オレをモモと呼んでくれ」とか言って愛想がいい
キーをもらい5階の部屋に入ると、キューバのそれもど田舎の民宿並みの造作
e0058280_3333245.jpg
先ずはパリの美味しいものをと、フロントマンおススメのホテル向かいにある超満員の高級レストランで、ブルゴーニュワインRullyとおススメコース
なにせ量が多い
最初のスープで腹がパンパン
もう、魚も肉も一口食べただけで下げてもらう
店のスタッフはなんだこいつらはという顔
ワインも料理もなんの感動もなく高い金を払う
e0058280_3331677.jpg

寝ずに朝6時前に札幌から出てきて、機内では一睡もせずだったので、22時に眠剤を飲んで就寝
まどろみ始めたころ、隣の部屋に帰って来た男女、酔っぱらってドタバタ
安普請だからまる聞こえ、もうまったく眠られず
翌朝フロントにここには泊まれないとキャンセルを申し立てる
しかし金は返せないと言う、それは納得できないと強行に出ると、その代わり静かな部屋を提供すると
今度は6階、エレベーターもない階段をスーツケースを持って移動する
よく言えばペントハウス、悪く言えば屋根裏部屋
その日は1区2区3区7区と歩きに歩いて、昼にサンドイッチとフランスビールを飲食しただけで(このサンドイッチが美味いんだ)、夜は食わずにひたすら寝る
そりゃそうだ、まる3日間睡眠ゼロだも・・・・
e0058280_3342163.jpg
この老体に2日とか3日の徹夜が続いたら、そりゃきっついわ
でも明日の水曜KAJI〜's BETTYは燃えて出勤します
お土産をまだもらってない人は早く来てね

HPのEVENT欄、更新したからチェックしてみて
by misalsa | 2011-03-09 03:52 | 雑記 | Comments(0)


<< あーん、10日早かった 眠い >>